« まさに擬態である。 | トップページ | 全然、飽きません。 »

2012年9月10日

私の師匠



_mg_6371



闇夜に私の師匠が二人。。。


無邪気に表層の誘惑を撮らえようと、ひたすら集魚灯を眺めていた。

幾つになっても子供心は忘れてしまってはいけないのだと再認識する。

そしてこんな二人の後ろ姿を見て、何故か真剣にカメラを向けてしまっていた私。。。

偶然このポジションに二人が来たので、無我夢中にシャッターをきってしまったのだった。


この微笑ましい風景、楽しかったなぁ…。




_mg_6345



そんなイメージを頭の中に抱いて、巨大に育っているオオウミウマのもとに向かった。

見つけるやいなやバックライトを煌々と当て、シルエットを浮かび上がらせる。


師匠の後ろ姿に敵うはずはないのだが、タツ系はシルエットが活きる被写体だなぁ…。






« まさに擬態である。 | トップページ | 全然、飽きません。 »

コメント

おぉぉぉ~!!!

すげぇかっこいぃ~!!

言っちゃごめんね、いままで見た貴兄の写真で一番の感動です。

誰かのいい写真でも、どっかで似たような写真みたことあるよなぁ、と言うのが多いけど

この絵は凄い!

感動です!

フォトコンに出したらグランプリです。

いや~まいりました。

『T-5さま』

ありがとうございます。
いやぁ…この二人の後ろ姿微笑ましかったです。

フォトコンテスト出してみようかなぁ…(笑)

ふたりのライトの色が違うのもよかったですね。

フォトコン出してみれば・・、名前、貸すよぉ!!

『T-5さま』

二人に感謝です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185783/47026462

この記事へのトラックバック一覧です: 私の師匠:

« まさに擬態である。 | トップページ | 全然、飽きません。 »