« ウミウシカクレンボ | トップページ | 深場流しもたまには素敵な出会いがある。 »

2014年1月13日

新春アンコウ

20131


『ドデ~~~~~~~~~~~ン!』って効果音が付きそうな巨大な顔が普通に砂地にあった。

居たというより其処にあったと言った方が表現は正しいと思うほど、環境に溶け込んでいた。

少し白い砂地の凸凹を利用し身を埋める。

普通にしていれば砂地感なのだが、直前に何か巨大な物を食したらしくお腹は膨れ上がっていた。

そして時折嗚咽を洩らすような息遣いをしその瞬間正体がバレてしまう。



新春アンコウ…出て欲しい時に出ず。

予期せぬ時に普通にある。






« ウミウシカクレンボ | トップページ | 深場流しもたまには素敵な出会いがある。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1185783/54596761

この記事へのトラックバック一覧です: 新春アンコウ:

« ウミウシカクレンボ | トップページ | 深場流しもたまには素敵な出会いがある。 »