2013年4月 1日

ボラが舞う、そして蠢く

_mg_7512


それは突然現れた。

陸上から見ていても尋常ではない数の何かが湾の中に侵入してきた。

黒い壁は右往左往しながら厚みを増していく。

ある程度侵入してきたところで黒い壁が動かなくなった。

そして、舞った。

何かに追いやられてか…体に付く寄生虫を取る為か…威厳の為か…。。。


_mg_7633


海中ではボラの中に海がいるような錯覚さえ覚えてしまう程の黒い壁の蠢き。

渦を巻き、砂底に身体を打ち付け、集団放尿をし、彼方に消えていった。

時間にして約30分…、あまりの衝撃で我を忘れてシャッターをきっってしまった。


_mg_7647


群れが居なくなり少し冷静になった時にアカクラゲが目の前を通過した。

その瞬間、先ほどの残党が背後を極普通に通過した。

すると、極普通に興奮が再燃する。


実に豪快なロマンが溢れる1ダイブになった。